ビールを飲まないのに痛風になった話

それは突然の出来事、足の親指がピリピリと痛みだし、気づけば・・・・

 

※痛風について書いていますが、僕は医者でも何でもないので

気になる方はちゃんと病院に行きましょう。そして検査をしましょう!

 

普段はビールもお酒も飲まないのになぜ?

正直な所、まだ自分が100%痛風と言う確証はないと思っています。

とは言え、痛風の原因である尿酸値が10mg/dlを超えていたので、

痛みの場所、数値的に医者の判断はほぼ痛風である。

 

尿酸値の正常値は4.0~7.0mg/dlらしいので痛風になっても言い訳の出来ない尿酸値である。

 

そもそも、僕は毎日お酒を飲むわけでもない。むしろ飲む日の方が稀である。

たまに居酒屋に行っても、ビールは頼まず梅酒のソーダ割と相場は決まっている。

ビールなんてビジネスでの付き合いでしか飲む事はない。

 

プリン体が多く含まれるマグロもそんなに好きではない。

回転寿しに行けば、もっぱらサーモン、もしくはハマチだ。

 

痛風になるのは実は2度目

そうです、実は2度目なんです。

 

とは言え、今も痛風とは信じていないので、前回も

「痛風っぽいね」

って感じでお医者さんも言うもんだから、

周りにも口では「痛風かもー( ´ ▽ ` )ノ」って言ってたものの、

心の中では

(思い当たる節が無いしなぁ・・誤診かな?)

なーんて思ってた訳です。

 

しかも、前回は右足の甲(小指の付け根らへん)が急激に痛くなって

歩くのが痛すぎて、足引きずってヒィヒィ言いながら病院に行って

もらった尿酸値を下げる薬を飲んだら痛みも腫れも2、3日で引いたので

 

「痛風って痛いけど、思ってたほどじゃないな?」

って思ってた訳です。

 

それが昨年の6月の話。

 

だがそれは、今回への序章にすぎなかったのである!

 

今回の痛風は前回とは比べものにならない!

痛風って最初になってから1年後くらいに出るらしいんですって!

なんか奥さんがネットで調べたら書いてたそうです。

そうなんです!

去年の6月に初回発症、そして今回

今年2016年、5月の12日くらいに右足の親指の付け根に痛みが出て、

現在5月30日、未だ完治せず!

 

足の裏側が腫れていて、押すと痛い。

患部は全体的に紫っぽくなっている。

160530img

 

 

 

腫れはこれでもちょっとマシにはなったと思います。

 

ピーク時は、常に疼く感じで、ズキズキしてます。

例えるなら、突き指とかをした時の痛みが都度襲ってくる感じかな?

患部に触れると飛び上がるくらいに痛いので、

寝てても痛みで何度か起きました。

 

 

改めて考えさせられる健康と食生活の改善

足を引きずって歩いて子供のお迎えに行ったり、知り合いに会うと

「足、どうしたん?」と聞かれて

 

「痛風なんですよ〜( ´ ▽ ` )ノ」

 

と言うと100%

「ええもん食べすぎちゃう〜?笑」

と言われる。これは関西だけか?

 

去年の発症の時、血液検査をしたら尿酸値が7.0mg/dlを少し超えていて、

でも、大した事ないから大丈夫と生活を改める事なく、今回の発症。

 

自分なりにお酒の飲まないのに尿酸値が高い理由を考えると

やはり、食生活。

フリーランスになり、自宅で生活をすると動く事が少なくなり、

食事も好きなものを作り、おやつに甘い飲み物など好きなだけ取ってしまう。

さらに体重の増減も激しいタイプで、めっちゃ太って、めっちゃ痩せるみたいな事を繰り返し、

そして今はまためっちゃ太ってる状態。

尿酸値にはストレスも関係あるらしく、フリーランスを始めて間も無いので

仕事の悩みも確かにあります。

 

でもやはり生活習慣病予防の為にも 食事は野菜を多く取り、

体重も減らして、

 

夏には腹筋バッキバキのモテモテボディー

になりたいと思うのでした。

 


Leave a comment

Your email address will not be published.


*